コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブル・バラカート・アル・バグダーディー Abū al-Barakāt al-Baghdādī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブル・バラカート・アル・バグダーディー
Abū al-Barakāt al-Baghdādī

[生]? バグダード
[没]1164
ユダヤ系のイスラム哲学者。もとはユダヤ教徒であったが,イスラムに改宗する。イブン・シーナーの哲学の影響を受けながらも,みずからの思想の独自性を主張して「存在が認識の条件である」とか「時間は存在の量である」というようなイスラム哲学史上きわめて特異な見解を提示している。主著『省察録』 Kitāb al-mu`tabar。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アブル・バラカート・アル・バグダーディーの関連キーワードビクトル4世パスカリス3世軽空母建造計画邦画活況近鉄と奈良玉葉三十三間堂崇徳天皇大内裏畠山重忠