コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブル・ファラジュ アブル・ファラジュ Abū al-Faraj al-Iṣfahānī

1件 の用語解説(アブル・ファラジュの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブル・ファラジュ
アブル・ファラジュ
Abū al-Faraj al-Iṣfahānī

[生]897. イスファハン
[没]967.11.20. バグダード
アラブの文学者。ウマイヤ朝の末裔で,シーア派ムスリム。バグダード,レイ,アレッポなどに滞在し,アレッポではハムダーン朝のサイフ・ウッダウラ王の保護を受けた。名著『歌の書』 Kitāb al-aghānīは,アッバース朝カリフ,ハールーン・アッラシードの命でイブラーヒーム・マウシリー (804没) が集めた有名な歌謡 100曲を中心に,アブル・ファラジュがさらに,古代からのアラブの詩人や歌手の伝記,逸話を流麗な文章で書き加え,21巻にまとめたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アブル・ファラジュの関連キーワードイスファハーニーイスファハンエスファハンエスファハーントランスファープライスイスファハーンシャフレスターン橋イスレタ-マイゴファハンイスバハーニーイスファハンのイマーム広場

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone