コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブル・ファラジュ Abū al-Faraj al-Iṣfahānī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブル・ファラジュ
Abū al-Faraj al-Iṣfahānī

[生]897. イスファハン
[没]967.11.20. バグダード
アラブの文学者。ウマイヤ朝の末裔で,シーア派のムスリム。バグダード,レイ,アレッポなどに滞在し,アレッポではハムダーン朝のサイフ・ウッダウラ王の保護を受けた。名著『歌の書』 Kitāb al-aghānīは,アッバース朝のカリフ,ハールーン・アッラシードの命でイブラーヒーム・マウシリー (804没) が集めた有名な歌謡 100曲を中心に,アブル・ファラジュがさらに,古代からのアラブの詩人や歌手の伝記,逸話を流麗な文章で書き加え,21巻にまとめたもの。「わが 20万巻の蔵書中,これ以上のものなし」と激賞した学者もあり,古いアラビアの社会や風習を研究する最上の書とまでの評価を受けるにいたった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アブル・ファラジュの関連キーワードステファヌス6世(7世)テオドルス2世ロマヌス醍醐天皇宇多天皇フォルモスス宇多天皇醍醐天皇日本三代実録イスバハーニー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android