アブ・ダビー(英語表記)Abū Zabī

世界大百科事典 第2版の解説

アブ・ダビー【Abū Zabī】

アラブ首長国連邦の構成国。アブ・ザビー,アブ・ダビ,アブダビなどとも表記する。英語ではAbu Dhabi。アブ・ダビーとは〈カモシカの父〉の意味。面積は6万7350km2で連邦面積の80%,人口は約90万人(1996)で連邦人口の30%以上を占める。首長のザーイドは連邦発足以来の大統領で,息子のハリーファは皇太子。主都はアブ・ダビー市で本土と460mの橋で結ばれた小島にあり,連邦の首都でもある。豊富な石油収入を背景に都市機能の近代化が進み,中東でももっとも豊かな町の一つになっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android