コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アプザイレン アプザイレンabseilen,rappelling

4件 の用語解説(アプザイレンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アプザイレン
アプザイレン
abseilen,rappelling

懸垂下降。登山技術の一つ。岩壁や氷壁などを降りるとき,ザイルを身体に巻きつけて下降する方法。肩がらみ,腰がらみ,カラビナ下降などがあったが,1970年代半ばからは操作が簡単で失敗の少ない各種の懸垂下降器が使われるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アプザイレン【Abseilen[ドイツ]】

登山用語。アプザイルまたは懸垂下降ともいう。急峻(きゆうしゆん)な斜面を体にザイルを巻いて下降する技術。通常歩行では下降が困難な岩壁,暗やみで見通しの困難なとき,遭難救助時などに用いる。第1次世界大戦直前,ドイツ人デュルファーH.Dürfer(1893‐1915)が新しい下降法を考案,アルプス登攀(とうはん)に活用してから一般に普及した。この方法は,ザイルを肩がらみに直接体に巻きつけて摩擦を利用するものだが,近年はゼルプストザイルとカラビナを利用して,これにザイルをかける方法や,デサンドールなどの下降器による方法がよく用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone