コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アプト アプトAbbt, Thomas

2件 の用語解説(アプトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アプト
アプト
Abbt, Thomas

[生]1738
[没]1766
ドイツ啓蒙期の哲学者。ハレで神学を学び,フランクフルト大学で哲学を講じた。『祖国のための死について』 Vom Tode fürs Vaterland (1761) でプロシア国家主義を擁護し,『長所について』 Vom Verdienst (65) で人間のさまざまの型に適した教育の理想を論じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アプト(Apt)

フランス南東部、プロバンス地方、ボークリューズ県の町。デュランス川の支流カラボン川(クーロン川)に沿う。リュベロン地方自然公園の中心に位置し、観光拠点になっている。果物の砂糖漬け「フリュイコンフィ」が有名。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

アプトの関連キーワード浮世草子中興俳諧明和事件銅座松前広長島精機製作所鳥辺山ドルトン明和事件ラオコーン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アプトの関連情報