コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アプト Abbt, Thomas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アプト
Abbt, Thomas

[生]1738
[没]1766
ドイツ啓蒙期の哲学者。ハレで神学を学び,フランクフルト大学で哲学を講じた。『祖国のための死について』 Vom Tode fürs Vaterland (1761) でプロシア国家主義を擁護し,『長所について』 Vom Verdienst (65) で人間のさまざまの型に適した教育の理想を論じた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アプトの関連キーワードナショナル・ジオグラフィックアイヌ語/おもな語彙と実用例ニューハンプシャー[州]ツークシュピッツェ[山]南アルプスあぷとラインツークシュピッツェ山碓氷峠鉄道文化むらプラチナウォーターラックレール式鉄道ゴルナーグラートフルカ・トンネルワシントン[山]聖堂参事会運動CAD/CAM川根本(町)アプト式鉄道トレビシックホワイト山地ロートホルンラック鉄道

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アプトの関連情報