コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アミクライ アミクライAmyklai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アミクライ
Amyklai

スパルタの南方約 4.8kmに位置したエウロタス川右岸の古代ギリシアの都市。ホメロスに出てくるアカイア人の町で,ドーリア人の侵入に抵抗したのち,前 750年頃スパルタに併合された。現在はアミクレスの村があり,アポロンの神殿の遺跡は有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アミクライの関連キーワード近畿日本鉄道世界クロスカントリー選手権山陰本線有珠山サッカラ中央本線地球内部構造海底長期連続観測網最古の神像東京オリンピック2016

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone