コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アミダーゼ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アミダーゼ
あみだーぜ
amidase

狭義には、モノカルボン酸アミドを加水分解してモノカルボン酸とアンモニアを生ずる反応を触媒する酵素アシルアミド‐アミドハイドロラーゼacylamide amidohydrolaseをさす。動物組織や微生物中に存在するが、高純度には精製されていない。細菌から抽出された酵素は基質特異性が広く、いろいろの一級アミドに作用する。
 また広義には、アミド基またはアミド誘導体を加水分解してアンモニアを生ずる反応を触媒する加水分解酵素の総称であって、アスパラギナーゼ、ウレアーゼ、いろいろのデアミナーゼなどがある。国際生化学・分子生物学連合の命名によれば31種類載っている。トリプシン、キモトリプシン、パパイン(パパイヤ果実の乳液中に存在するタンパク分解酵素の一種)などのプロテアーゼ(タンパク分解酵素)もアミダーゼ活性をもっている。[降旗千恵]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アミダーゼの関連キーワードニコチン酸アミドアスパラギナーゼペニシリン発酵酵素加水分解アシラーゼ固定化酵素

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android