アミンディビ諸島(読み)アミンディビしょとう

デジタル大辞泉の解説

アミンディビ‐しょとう〔‐シヨタウ〕【アミンディビ諸島】

Amindivi Islands》インド南西部、アラビア海に浮かぶ諸島。マラバル海岸の西方約300キロメートルに位置する。ラクシャドウィープ諸島とともに連邦直轄領に属す。アミン、チェトラト、ケルタンなど、サンゴ礁に囲まれた島々からなる。イスラム教徒が多く居住。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アミンディビ諸島
あみんでぃびしょとう
Amindivi Islands

インド南西部、マラバル海岸の西方300キロメートルにあるサンゴ礁の諸島。アミン、チェトラト、カダマト、キルタン、ビトラの5島からなる。総面積約8平方キロメートル、推計人口約1万。住民はイスラム教徒が多く、コプラ生産や漁業によって生活している。1956年ラッカディブ諸島とともにインド中央政府の直轄地となった。[林 正久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android