アムステルダム・ライン運河(読み)アムステルダムラインうんが(英語表記)Amsterdam‐Rijn‐Kanaal

世界大百科事典 第2版の解説

アムステルダムラインうんが【アムステルダム・ライン運河 Amsterdam‐Rijn‐Kanaal】

オランダのアムステルダム港からユトレヒトを経てティール付近でライン川(ワール川)に入る全長72kmの運河で,1952年に完成した。17世紀以来,小さな川や水路をつないでいたこの連絡路は,1822年に初めて一部運河化され,81‐95年の改修によって,ようやく全通して,ヨーロッパの重要な内陸水路の一つとなった。その後,輸送量が急速に増大したため,1932年に新水路が計画されたが,第2次大戦のため工事は中断された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android