コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アムハラ

2件 の用語解説(アムハラの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アムハラ

エチオピア中央高原を中心に居住する民族集団。推定人口1200万人。言語的にはセム語族に属し,元来はアラビア半島からの移住者であった。古くはアクスム王国を興し,その後も特に13世紀以降,エチオピア帝国歴代の皇帝を輩出するなど,歴史的にはエチオピアの政治的支配層を長く占め,その過程で大土地所有制をともなう階層社会を発展させた。
→関連項目アフリカの角ティグレ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アムハラ
あむはら
Amhara

アフリカ、エチオピアの先住民集団。人口は約1200万人。長くエチオピアの支配民族であったが、1975年の社会主義革命においてアムハラ出身のハイレ・セラシエ皇帝が廃された。言語はセム語から派生したアムハラ語。ムギなどを栽培すると同時に、家畜の飼育も行う小農民が大部分で、家族内では父親の権力が強い。1500年以上も前から独自のキリスト教(エチオピア正教)を発展させた。エチオピア社会主義政権崩壊後のアムハラの動向はまだ予断を許さない。[木村秀雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アムハラの関連キーワードエチオピアエチオピア高原エチオピア戦争ティグレトルコ族フィン人ラリベラエチオピア亜区シマガツオエチオピア・エリトリア紛争

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アムハラの関連情報