アムラー文化(読み)アムラーぶんか(英語表記)Amrah culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アムラー文化
アムラーぶんか
Amrah culture

エジプトのナイル流域 (上エジプト) の先王朝時代初期の文化で,前 3600年頃に相当する。バダーリー文化から直接発展したもので,住居は大型化し,集落は周壁で囲まれるようになる。土器の中心は黒頂土器と赤色磨研土器で,後者には幾何学文や動物,人物が描かれた。押圧剥離を行なった美しい剥片石器,大型パレット,棍棒などが発見され,分業や有力者の出現が想像される。また木材やラピス・ラズリ,黒曜石などを西アジアから輸入した。 (→アムラー遺跡 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android