アユーガ(読み)あゆーが

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アユーガ
あゆーが
[学]Ajuga reptans L.

シソ科の多年草。アジュガともいい、キランソウもこの仲間である。ヨーロッパ原産で耐寒性があり、日陰ではとくによく生育し、地被植物として庭園、公園などに植栽する。根出葉は5~10センチメートルで地面に密生。4~6月、10~15センチメートルに伸びた花穂に青色の唇形花を開く。アトロプルプレアA. reptans atropurpureaは褐色の葉をつけ、日陰でも葉色が美しい。バリエガータA. reptans variegataは、葉に乳白色、桃色の斑(ふ)が入り、鮮やかである。[猪股正夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android