コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キランソウ キランソウAjuga decumbens

4件 の用語解説(キランソウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キランソウ
キランソウ
Ajuga decumbens

シソ科の多年草。別名ジゴクノカマノフタ。路傍や土手などによくみられる。茎は数本が地面をはって広がり,立上がらない。茎,葉ともに毛が密生する。葉は対生し,倒披針形,鈍頭で縁にあらい不整の鋸歯をもっていて,しばしば全体が紫色になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

キランソウ

本州〜九州,東アジアの路傍や野原にはえるシソ科の多年草。全草に縮れた毛が多く,茎は地表をはう。葉は対生し,倒披針形で先はまるい。春,葉腋に濃青紫色で長さ1cmほどの唇形(しんけい)花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キランソウ【Ajuga decumbens Thunb.】

山野の道端に生えるシソ科の多年草(イラスト)。地面にへばりついて生育するので,ジゴクノカマノフタの名もある。根出葉はロゼット状となって数枚あり,長さ4~6cm,幅1~2cm,長楕円形で波状の鋸歯があり,先は鈍頭。茎は四方に広がって地をはい,長さ5~15cm,多細胞のちぢれた毛があり,数対の葉をつけて,多くは紫色を帯びる。3~5月頃,葉腋(ようえき)に数個ずつ花をつける。花は紫色で長さ約8mmの筒があり,上側は小さく2裂してごく短く,下側は3裂して開出し,中央裂片は最も大きく,濃色の条がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キランソウ
きらんそう
[学]Ajuga decumbens Thunb.

シソ科の多年草で、丘陵や山麓(さんろく)に多くみられる。茎は四方に出て地表をはい、長さ5~15センチメートルになるが、節から根を出すことがない。葉は長楕円(ちょうだえん)形で、くさび形に基部が細くなり、長さ1.5~3センチメートル。茎、葉とも全体に縮れ毛が多い。根出葉が四方に広がって地表を覆う(ロゼット状)ので、別名ジゴクノカマノフタともいう。花は3~5月ごろ葉腋(ようえき)に数個ずつつき、濃紫色で1センチメートルくらいの筒があり、下唇は大きく、3裂して開出し、上唇はごく短い。本州、四国、九州、朝鮮半島、中国に分布する。キランソウ属は約50種あり、アジア、アフリカ、ヨーロッパに分布し、日本にはジュウニヒトエ、ニシキゴロモなど11種がある。[村田 源]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キランソウの関連情報