コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュウニヒトエ

3件 の用語解説(ジュウニヒトエの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ジュウニヒトエ

本州,四国の丘陵地などにはえるシソ科の多年草。全草に白いちぢれた毛があり,高さ15〜20cm。葉は対生し,倒披針形で縁には波状鋸歯(きょし)がある。4〜5月,茎の頂に花穂をつけ,淡紫色の唇形(しんけい)花を多数密に開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ジュウニヒトエ【Ajuga nipponensis Makino】

やや乾いた丘陵地の落葉樹林内や道端に生えるシソ科の多年草(イラスト)。和名は草の姿を昔の女官の十二ひとえに見立てたものである。高さ10~25cm,全体に多細胞の白いちぢれ毛に密に覆われている。葉は対生し,長楕円状さじ形で縁に少数の波状鋸歯があり,茎に2~3対つく。茎の基部にある2~3対は鱗片状となっている。花は4~6月ころ,茎の先端に花穂を作って多数が互いに接近してつき,淡藍紫色,まれに白色のものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジュウニヒトエ
じゅうにひとえ / 十二単
[学]Ajuga nipponensis Makino

シソ科の多年草。高さ15~20センチメートル、全体が長い白毛に覆われる。葉は茎に2~4対つき、倒卵状へら形で長さ3~5センチメートル、波状の鋸歯(きょし)がある。茎の基部の葉は鱗片(りんぺん)状。4~5月、茎頂に淡紫白色の花を密に開く。花は上側で長さ0.9センチメートルほど、上唇は小さく、下唇は大形で3裂する。丘陵地の疎林に生え、本州、四国に分布する。ときに鉢植えにして観賞する。近縁種にツルカコソウやカイジンドウがある。名は重なって開く花形を十二単(じゅうにひとえ)に見立てたもの。[村田 源]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のジュウニヒトエの言及

【キランソウ】より

… キランソウ属Ajugaには約50種があり,旧世界の温帯から暖帯および熱帯の高山に分布する。日本にはキランソウの他にジュウニヒトエ,カイジンドウ,ニシキゴロモ,ツルカコソウ,ヒメキランソウ,オウギカズラ,タチキランソウなど約10種がある。また花のきれいな種は,ロックガーデンや花壇に栽植される。…

※「ジュウニヒトエ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジュウニヒトエの関連キーワード夏緑樹林広葉樹林臼茸笹草樹林稚児百合塔花姫射干籠茸立忍

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジュウニヒトエの関連情報