コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュウニヒトエ

百科事典マイペディアの解説

ジュウニヒトエ

本州,四国の丘陵地などにはえるシソ科多年草。全草に白いちぢれた毛があり,高さ15〜20cm。葉は対生し,倒披針形で縁には波状鋸歯(きょし)がある。4〜5月,の頂に花穂をつけ,淡紫色唇形(しんけい)花を多数密に開く。花冠は長さ約1cm,上唇は小さく,下唇は大きく3裂,中央の裂片は大きい。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジュウニヒトエ【Ajuga nipponensis Makino】

やや乾いた丘陵地の落葉樹林内や道端に生えるシソ科の多年草(イラスト)。和名は草の姿を昔の女官の十二ひとえに見立てたものである。高さ10~25cm,全体に多細胞の白いちぢれ毛に密に覆われている。葉は対生し,長楕円状さじ形で縁に少数の波状鋸歯があり,茎に2~3対つく。茎の基部にある2~3対は鱗片状となっている。花は4~6月ころ,茎の先端に花穂を作って多数が互いに接近してつき,淡藍紫色,まれに白色のものもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジュウニヒトエ
じゅうにひとえ / 十二単
[学]Ajuga nipponensis Makino

シソ科の多年草。高さ15~20センチメートル、全体が長い白毛に覆われる。葉は茎に2~4対つき、倒卵状へら形で長さ3~5センチメートル、波状の鋸歯(きょし)がある。茎の基部の葉は鱗片(りんぺん)状。4~5月、茎頂に淡紫白色の花を密に開く。花は上側で長さ0.9センチメートルほど、上唇は小さく、下唇は大形で3裂する。丘陵地の疎林に生え、本州、四国に分布する。ときに鉢植えにして観賞する。近縁種にツルカコソウやカイジンドウがある。名は重なって開く花形を十二単(じゅうにひとえ)に見立てたもの。[村田 源]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のジュウニヒトエの言及

【キランソウ】より

… キランソウ属Ajugaには約50種があり,旧世界の温帯から暖帯および熱帯の高山に分布する。日本にはキランソウの他にジュウニヒトエ,カイジンドウ,ニシキゴロモ,ツルカコソウ,ヒメキランソウ,オウギカズラ,タチキランソウなど約10種がある。また花のきれいな種は,ロックガーデンや花壇に栽植される。…

※「ジュウニヒトエ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ジュウニヒトエの関連キーワードツルカコソウキランソウアジュガ夏枯草村田本州

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android