コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラコリ湖 アラコリこozero Alakol'

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラコリ湖
アラコリこ
ozero Alakol'

カザフスタン東部にある塩湖。面積 2200km2。最大水深 45m。湖面標高 343m。エメリ川などいくつかの川が流入するが,流出する川はない。断層によって形成された地溝中の北西-南東方向の低地にあり,この低地にはアラコリ湖のほか,その北西にサスイクコリ湖とジャラナシコリ湖が,南東には「ジュンガリアの門」と呼ばれる鞍部を経て中国のエビノール湖が連なる。漁業が行われ,北岸にルイバチエ,南西岸にクイズイラガシの町がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アラコリ湖
あらこりこ
Алаколь Alakol'

カザフスタン共和国の東部、中国との国境近くにある塩湖。ジュンガリア・アラタウとタルバガタイの両山脈に挟まれた構造盆地上に位置する。アラクリАлакуль/Alakul'ともいう。湖面標高343メートル、面積2200平方キロメートル、最深部45メートル。流出する河川はない。スズキの仲間やコイなどの漁獲がある。1月から4月まで凍結する。周辺は半砂漠で、地質時代にはバルハシ湖、サシクコリ湖などと一連の湖沼であったといわれる。[村田 護]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アラコリ湖の関連キーワードジュンガルスキーアラタウ山脈タルドゥイクルガン州タルバガタイ[山脈]タルバガタイ山脈オゴデイ・ハン国カザフスタンアラクリ湖村田

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android