コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラゴン城 アラゴンジョウ

1件 の用語解説(アラゴン城の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アラゴン‐じょう〔‐ジヤウ〕【アラゴン城】

Castello Aragonese
イタリア南部、プーリア州の都市タラントにある城。東ローマ帝国支配下の10世紀初頭、サラセン人とベネチア共和国の攻撃を防ぐために築かれた要塞に起源する。15世紀にアラゴン家のフェルナンド2世により改築された。設計はルネサンス初期の軍事技術者であるフランチェスコ=ディ=ジョルジョ=マルティーニが担った。現在はイタリア海軍の施設になっている。アラゴネーゼ城
イタリア南部、ナポリ湾の北西部、ティレニア海に浮かぶイスキア島にある城。同島東端に位置する。紀元前5世紀に本島から離れた小島に築かれた要塞に起源し、古代ローマ西ゴート東ゴートノルマン人などの支配を受けて増改築が繰り返された。15世紀にアラゴン家のアルフォンソ1世により本島と小島が橋で結ばれた。アラゴネーゼ城。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

アラゴン城の関連キーワードエステ城カステッロ広場スベボ城

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone