コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・ユーヌス Ibn Yūnus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブン・ユーヌス
Ibn Yūnus

[生]?
[没]1009
イスラムの天文学者。エジプトのカイロで天文観測を行なっていたが,990年ファーティマ朝カリフ,アジーズの命を受けて天文表の作成を始め,次代カリフ,ハーキムのときに完成した (1007) 。『偉大なるハーキムの天文表』 al-Zīj al-kabīr al-Hākimīがそれである。以前からの天文観測の記録に彼自身の観測を加えたもので,その正確な観測値は天文学の貴重な資料である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イブン・ユーヌス
いぶんゆーぬす
Ab-l-asan ‘Al ibn ab Sa‘d ‘Abd al-Ramn Ibn Amad Ibn Ynus al-adaf al-Mir
(?―1009)

イスラムの天文学者。カイロで活躍し、同地で死んだ。当時エジプトはファーティマ朝6代目のハーキムal-Hkim(985―1021)の治世で、カイロに天文台を主体とした「知恵の館」dr al-ikmaが設立された。彼はここで天文学上の多くの係数を測量して天文表を改良し、後援者の名をとって「ハーキムの天文表」al-kabr al-kimとよんだ。この表には古今の食と合・朔(さく)、天文的常数の修正値、土地測量の計算が含まれている。また、三角法の新しい成果が盛り込まれており、今日の
  cosαcosβ=1/2{cos(α+β)+cos(α-β)}
に等しい式を採用している。[平田 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イブン・ユーヌスの関連キーワードアストゥルラービーアラビア天文学

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android