コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・ユーヌス イブン・ユーヌス Ibn Yūnus

2件 の用語解説(イブン・ユーヌスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブン・ユーヌス
イブン・ユーヌス
Ibn Yūnus

[生]?
[没]1009
イスラム天文学者エジプトカイロで天文観測を行なっていたが,990年ファーティマ朝カリフ,アジーズの命を受けて天文表の作成を始め,次代カリフ,ハーキムのときに完成した (1007) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イブン・ユーヌス
いぶんゆーぬす
Ab-l-asan ‘Al ibn ab Sa‘d ‘Abd al-Ramn Ibn Amad Ibn Ynus al-adaf al-Mir
(?―1009)

イスラムの天文学者。カイロで活躍し、同地で死んだ。当時エジプトはファーティマ朝6代目のハーキムal-Hkim(985―1021)の治世で、カイロに天文台を主体とした「知恵の館」dr al-ikmaが設立された。彼はここで天文学上の多くの係数を測量して天文表を改良し、後援者の名をとって「ハーキムの天文表」al-kabr al-kimとよんだ。この表には古今の食と合・朔(さく)、天文的常数の修正値、土地測量の計算が含まれている。また、三角法の新しい成果が盛り込まれており、今日の
  cosαcosβ=1/2{cos(α+β)+cos(α-β)}
に等しい式を採用している。[平田 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イブン・ユーヌスの関連キーワードイスラム哲学代数学の基本定理N汎イスラム主義イスラム債券イスラム聖戦機構ザムザムの泉イスラム諸国会議イスバハーニーDiaz de la Peña,N.

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone