コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラリック[1世] アラリック

百科事典マイペディアの解説

アラリック[1世]【アラリック】

西ゴート族の王(在位395年―410年)。東ローマ帝国のトラキア,ギリシアを荒らし,401年と408年イタリアに侵入,410年ローマ市を略奪,南イタリアからアフリカに渡ろうとしたが暴風のため果たせず没した。
→関連項目ゴートスティリコ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アラリック[1世]【Alaric I】

370ころ‐410
西ゴート族の王。在位395‐410年。ラテン名はアラリクスALaricus。ローマ帝政末期の政治的・軍事的混乱期に,多数の帰服民を含む雑多な蛮族集団を率い,食糧と定住地を求めて帝国の領内を放浪し,ギリシアやイタリアの諸都市を荒廃させた。ときには皇帝の同盟軍としても行動したが,しばしば東西両帝国の不和に乗じて官位や金銀を要求し,また要求の実現のため対立皇帝をも擁立した。410年には三たび都府ローマに攻め入って大規模な略奪を行い,人々を恐怖に陥れた後,帝国の穀倉地アフリカへ渡ろうとして果たせず,南イタリアで没した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアラリック[1世]の言及

【スティリコ】より

…戦勝後,帝国西部の全軍最高司令官に任じられ,395年1月テオドシウス帝の死に臨んで西帝ホノリウスの後見をゆだねられて,帝国西部の事実上の支配者となった。だが,東イリュリクムの管轄をめぐって東ローマ政府と対立,395年アラリック麾下の西ゴート鎮圧のためギリシアに進軍した彼は,勝利を目前にして,ルフィヌスの教唆を受けた東帝アルカディウスから,西への撤退と対エウゲニウス戦以来彼の指揮下にあった東ローマ軍の返還を命じられ,命令には従ったが,ゴート人将校ガイナスGainasにルフィヌスを暗殺させた。397年にも海路ペロポネソスに渡り西ゴート鎮圧を図るが,このときはエウトロピウスの教唆を受けた東帝に再び撤退を命じられた。…

【ローマ】より

… この間に西の政府は自らの固有の軍隊をもてなくなり,ゲルマン人の同盟部族(フォエデラティfoederati)の力で他の侵入ゲルマン人と戦うほかはなくなっていく。侵入の最初の波は4世紀の末から始まる西ゴートのそれで,ホノリウスとスティリコの不和,後者の処刑(408)というローマ側の内紛に乗じて,410年アラリック王の下,ローマ市を占領し3日にわたって劫掠した。西ゴートはその後南イタリアにいたが,ローマと条約を結んでガリアに移動した。…

※「アラリック[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アラリック[1世]の関連キーワード西ローマ帝国ルフィヌスアラリック1世テオドシウスエウトロピウスコリントス戦争テオドシウス[1世]西ローマ帝国リュサンドロステオドシウス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android