コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西ローマ帝国 にしローマていこく Western Roman Empire

翻訳|Western Roman Empire

6件 の用語解説(西ローマ帝国の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西ローマ帝国
にしローマていこく
Western Roman Empire

395年ローマ皇帝テオドシウス1世の死後東西に2分されたローマ帝国のうち,ホノリウスが受継いだ帝国の西半分 (イタリアスペイン北アフリカ) を呼ぶ。政治の実権はほとんどゲルマン諸部族の武将に握られ,皇帝は乱立し,首都ローマも再三劫略された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にしローマ‐ていこく【西ローマ帝国】

古代末期、皇帝テオドシウス1世死後の395年、東西に分割されたローマ帝国の西方部分を継いで、成立した帝国。都はローマ。皇帝の乱立、ゲルマン民族の侵入などによって衰退し、476年ゲルマン人傭兵隊長オドアケルによって滅ぼされた。→東ローマ帝国
フランク王シャルルマーニュ(カール大帝)が、800年に復興した国名。神聖ローマ帝国成立まで続いたが、名目だけのものだった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

西ローマ帝国【にしローマていこく】

395年ローマ皇帝テオドシウス1世が帝国を東西に2分し,2子に伝えて以後のローマ帝国西方をさす。東のビザンティン帝国が以後約1000年存続したのに対し,西ローマ帝国は,ゲルマン民族の大移動,帝位をめぐる内紛などにより振るわず,476年最後の皇帝ロムルス・アウグストゥルスがゲルマン傭兵隊長オドアケルに廃されて滅亡。
→関連項目ローマ[古代]ローマ(都市)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

にしローマていこく【西ローマ帝国】

395年から476年までのローマ帝国西方を指す名称。英語ではWestern Roman Empire。395年テオドシウス1世の死後,帝国東方は長子アルカディウス,西方は次子ホノリウスに残されるが,分割統治自体はディオクレティアヌス帝の四分治制(テトラルキア)以来むしろ常態であり,この時点をもってローマ帝国が〈分裂〉したというのは国法的には正しくない。しかし,以後全帝国を実質的に支配する単独帝は現れず,また古代末期という混交的文化の中にありながらも,東方と西方は別個の発展をたどり始めるので,一般にこの呼称が用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にしローマていこく【西ローマ帝国】

395年、東西に分裂したローマ帝国のうち、ローマに都をおいた西方の帝国。ゲルマン人の侵入で国力は衰退し、476年ゲルマン出身の傭兵隊長オドアケルに滅ぼされた。800年のカール大帝戴冠、さらに962年の神聖ローマ帝国成立によって名目上は復興したとされる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西ローマ帝国
にしろーまていこく
Western Roman Empire

395年から476年までのローマ帝国西半部をさす呼称。395年テオドシウス1世(在位379~395)は死に際し帝国東部を長子アルカディウス(在位395~408)に、西部を次子ホノリウス(在位395~423)に残した。帝国の分治はディオクレティアヌス(在位284~305)の四分統治制以後はむしろ常態で、国法的には395年に帝国が東西に「分裂」したわけではないが、現実には以後帝国東部と西部は別個の道をたどる。
 西ローマ帝国では、ゲルマン系諸族の侵入が相次いだ。401年アラリック麾下(きか)の西ゴート人が北イタリアに侵入。一方、406~407年にはバンダル人、アラマン人、スエビ人がガリアを席捲(せっけん)してスペインに入った。412年西ゴートもガリアに侵入したが、ウァレンティニアヌス3世(在位425~455)治下の429年アフリカに渡ったバンダルは、439年にはカルタゴを占領した。ブリタニアもピクト人、スコット人、サクソン人らの手に落ちた。451年、アッティラ麾下のフン人がガリアに攻め入ったが、将軍アエティウスはカタラウヌムの戦いでこれを撃退した。455年にテオドシウス朝が断絶すると、西ローマ帝位には、ゲルマン人武将の傀儡(かいらい)帝や、東ローマ帝が送り込む皇帝が相次いだ。476年、オドアケルが幼帝ロムルス・アウグストゥルス(在位475~476)を廃位して帝冠を東ローマ帝に返還した。この事件が一般に西ローマ帝国の「滅亡」とされるが、ゲルマン系諸族の勢力急伸の前に、この時点で西部の政府が支配していたのはわずかにイタリア、ラエティア、ノリクムの一部にすぎなかった。
 東ローマ帝国が1453年まで存続するのに対し、西ローマ帝国が消滅した背景としては、まず東西の経済力の問題がある。帝国東部は人口、経済力の点で西部に勝り、帝国歳入の約3分の2は東部からあがっていた。4世紀の西部はある程度の繁栄を回復するが、その富は少数の名門貴族の手に集中、これら大土地所有貴族が高官位をほぼ独占し、中小農民を隷属化して、その所領は自立性を強めていく。かかる状況に加えて、西部政府の直接支配領がゲルマン系諸族によって蚕食されていったことは、税収の急速な枯渇を意味した。軍事力についても、たとえば425年ごろの西ローマ軍の兵力が25万弱であるのに対し、同時期の東ローマの兵力は約35万であったように、東部は数的にも勝っていた。これに加え、東部政府は国民軍の維持とその向上に努めたが、西ローマ軍は財政状態の悪化とも相まって急速に弱体化し、ゲルマン同盟部族への依存度を強めた。カタラウヌムの戦いにおいても、参加した西ローマの正規軍は少数にすぎなかった。東西の分化は文化面にも認められ、4世紀には西部の知識人でギリシア語を解さない者が増え、キリスト教会内でも、西部の司教たちは帝権と教会との関係について東部より厳格な態度を保持した。
 西ローマ帝国という政治的統一体が消滅したあとには、カトリック教会、自立的大所領内で延命したローマ貴族層およびその隷属的農民、そしてゲルマン諸王国が残り、以降東方とは異なる西欧世界を形成していく。長く優位を保っていた東方に対するその西欧世界の自己主張が、「ローマ理念」と結び付いて、フランク王カール大帝の戴冠(たいかん)(800)による西ローマ帝国の復興へとつながるのである。[後藤篤子]
『弓削達著『永遠のローマ』(『世界の歴史3』所収・1976・講談社) ▽ジャン・レミ・パランク著、久野浩訳『末期ローマ帝国』(白水社・文庫クセジュ)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西ローマ帝国の関連キーワードアンコナ神聖ローマ帝国東ローマ帝国テオドシウスローマ帝国古代ローマ帝国中世ローマ帝国ローマンブリテン監軍(ローマ帝国)《ローマ帝国衰亡史》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西ローマ帝国の関連情報