コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオドシウス Theodosius

大辞林 第三版の解説

テオドシウス【Theodosius】

(一世)(346頃~395) 古代ローマ皇帝(在位379~395)。通称、大帝。アルカディウスの父。帝国を再統一し、キリスト教を国教化。引退時に帝国を二分して譲り、東西分裂を確定づけた。
(二世)(401~450) ビザンツ帝国皇帝(在位408~450)。「テオドシウス法典」を編纂。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

テオドシウスの関連キーワードウァレンティニアヌス[2世]ウァレンティニアヌス[1世]コンスタンティノープル公会議ガッラガッラプラチーディア廟墓ウァレンチニアヌス2世テオドシウス[2世]テオドシウス(1世)アナスタシウス2世テオドシウスの城壁オリュンピオドロスエフェソス公会議テミスティオスアルカディウステオドシウス朝ヒッポドロームアンブロシウスアルボガスト万国民の教会西ローマ帝国

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android