テオドシウス(英語表記)Theodosius

大辞林 第三版の解説

テオドシウス【Theodosius】

(一世)(346頃~395) 古代ローマ皇帝(在位379~395)。通称、大帝。アルカディウスの父。帝国を再統一し、キリスト教を国教化。引退時に帝国を二分して譲り、東西分裂を確定づけた。
(二世)(401~450) ビザンツ帝国皇帝(在位408~450)。「テオドシウス法典」を編纂。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android