テオドシウス(英語表記)Theodosius

大辞林 第三版の解説

テオドシウス【Theodosius】

(一世)(346頃~395) 古代ローマ皇帝(在位379~395)。通称、大帝。アルカディウスの父。帝国を再統一し、キリスト教を国教化。引退時に帝国を二分して譲り、東西分裂を確定づけた。
(二世)(401~450) ビザンツ帝国皇帝(在位408~450)。「テオドシウス法典」を編纂。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

テオドシウス

(Theodosius)
[一] (一世) ローマ皇帝(在位三七九‐三九五)。サルマティア人やゴート人の侵入に対処して帝国の危機を救い、全帝国を再統一したが、後に帝国を二分して二子に残した。キリスト教を国教とした。テオドシウス大帝。(三四七‐三九五
[二] (二世) 東ローマ皇帝(在位四〇八‐四五〇)。アルカディウス帝の子。一世の孫。能書家として、また、テオドシウス法典の編纂で知られる。(四〇一‐四五〇

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android