テオドシウス

精選版 日本国語大辞典「テオドシウス」の解説

テオドシウス

(Theodosius)
[一] (一世) ローマ皇帝在位三七九‐三九五)。サルマティア人やゴート人の侵入に対処して帝国の危機を救い、全帝国を再統一したが、後に帝国を二分して二子に残した。キリスト教国教とした。テオドシウス大帝。(三四七‐三九五
[二] (二世) 東ローマ皇帝(在位四〇八‐四五〇)。アルカディウス帝の子。一世の。能書家として、また、テオドシウス法典の編纂で知られる。(四〇一‐四五〇

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「テオドシウス」の解説

テオドシウス(Theodosius)

(1世)[347~395]ローマ皇帝。在位379~395。乱れていたローマ帝国を再統一、キリスト教を国教とした。死に際して帝国を再び東西に二分し二子に残した。通称、大帝。
(2世)[401~450]東ローマ皇帝。在位408~450。の孫。「テオドシウス法典」を編纂へんさん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android