コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオドシウス テオドシウスTheodosius

2件 の用語解説(テオドシウスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

テオドシウス(Theodosius)

(1世)[347~395]ローマ皇帝。在位379~395。乱れていたローマ帝国を再統一、キリスト教を国教とした。死に際して帝国を再び東西に二分し二子に残した。通称、大帝。
(2世)[401~450]東ローマ皇帝。在位408~450。の孫。「テオドシウス法典」を編纂(へんさん)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

テオドシウス【Theodosius】

(一世)(346頃~395) 古代ローマ皇帝(在位379~395)。通称、大帝。アルカディウスの父。帝国を再統一し、キリスト教を国教化。引退時に帝国を二分して譲り、東西分裂を確定づけた。
(二世)(401~450) ビザンツ帝国皇帝(在位408~450)。「テオドシウス法典」を編纂。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

テオドシウスの関連キーワードエウトロピウスコリントス戦争西ローマ帝国リュサンドロステオドシウス支払督促洋野(町)採用条件の変更中国での薬物犯罪の刑罰成漢

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テオドシウスの関連情報