テオドシウス(英語表記)Theodosius

大辞林 第三版の解説

テオドシウス【Theodosius】

(一世)(346頃~395) 古代ローマ皇帝(在位379~395)。通称、大帝。アルカディウスの父。帝国を再統一し、キリスト教を国教化。引退時に帝国を二分して譲り、東西分裂を確定づけた。
(二世)(401~450) ビザンツ帝国皇帝(在位408~450)。「テオドシウス法典」を編纂。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android