コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アランフエス宮殿 アランフエスきゅうでんAranjuez

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アランフエス宮殿
アランフエスきゅうでん
Aranjuez

スペイン,マドリード近郊のアランフエスに 16世紀中期,フェリペ2世によって構想された離宮。宮殿の設計には V.トレドとその弟子 J.エレラがあたった。ブルボン朝時代に改装され,幾度も火災にあったが,18世紀後半に F.サバティーニが翼廊を加え,現在の姿を整えた。宮殿はフランスのベルサイユ宮殿を範とし,宮殿に付属する広大な庭園「島の庭」 (タホ川の中の島に営まれたことから命名) と碁盤目状の街路をもつ方形の宮廷都市,王宮前の広場から放射状に延びる並木道などが計画された。 18世紀にはさらに広大な「王子の庭」が付け加えられた。宮殿のあるアランフエスは 2001年世界遺産の文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android