コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリアケシラウオ ありあけしらうお

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アリアケシラウオ
ありあけしらうお / 有明白魚
Ariake icefish
[学]Salanx ariakensis

硬骨魚綱サケ目シラウオ科に属する魚。九州の有明海、朝鮮半島から渤海(ぼっかい)、黄海、台湾沿岸を経て、ベトナム北部沿岸までに分布する。体は透明で、ほとんど鱗(うろこ)がない。頭が極めて縦扁(じゅうへん)し、両顎(あご)が前に突出する。脂(あぶら)びれがあり、背びれと臀(しり)びれはほぼ相対して位置する。上顎が下顎よりも前に突き出すこと、胸鰭条(きじょう)数が10本以下であること、体が大きくなることなどの特徴で、ほかの3種の日本産シラウオ類と容易に区別できる。全長約13センチメートル。比較的大きな河川が流入する、低塩分で遠浅の濁ったところを好む。10~11月に川の感潮域に遡上(そじょう)して産卵する。資源量が減少し、わずかしか漁獲されない。活魚を二杯酢で食べるほか、てんぷらや卵とじにされる。環境省のレッドリスト(2013)では、ごく近い将来野生絶滅の危険性がきわめて高い、絶滅危惧A類に指定されている。[落合 明・尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアリアケシラウオの言及

【シラウオ(白魚)】より

…生食,すし種,てんぷら,吸物などにして高級魚として賞味される。 日本にはほかに数種のシラウオ類が生息し,太平洋産のイシカワシラウオ,有明海のアリアケシラウオ,有明海に流れ込む筑後川の淡水域にのみ生息するアリアケヒメシラウオがある。最近は,中国で産する大型の銀魚(インユー)が輸入され市場に出回っている。…

※「アリアケシラウオ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android