コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

活魚 かつぎょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

活魚
かつぎょ

調理直前まで生かされて供給される介。マダイヒラメイシダイイセエビなど高級魚が多く,近年のグルメブームに乗って,東京都中央卸売市場での取り扱い量だけでも年平均6~10%の割合で増加しており,魚ブームを呈している。活魚輸送は,従来は海上生簀 (いけす) やトラックによる水槽が主だったが,コンピュータで自動制御するハイテク活魚コンテナの開発により,遠隔地からもより生きのよい状態で供給できるようになった。 JRも 1988年から活魚コンテナを導入し,貨物輸送を行なっている。魚を超低温で仮死状態にして運ぶ氷眠活魚流通も行なわれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かつ‐ぎょ〔クワツ‐〕【活魚】

生きている魚。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

活魚【かつぎょ】

活きたままの状態で小売店旅館料理屋などの生簀(いけす)で飼われ,消費者に供される魚介類をいう。関東では文字通り活きたままの魚を指すが,関西では市場に出す直前に活きている魚ののどを切って活け〆にしたものを指す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

活魚

 生きたまま流通過程を運ばれる魚介類.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

かつぎょ【活魚】

生きている魚。生きたままの水産動物。 「 -料理」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の活魚の言及

【活魚輸送】より

…活魚とは生きた魚のことであるが,エビやカニなど魚以外のものも含め,水産動物を生きたままの状態で運ぶことを一般に活魚輸送といっている。養殖や移殖・放流のための種苗(卵または稚魚)を運ぶ場合や,活魚のほうがはるかに市場価格の高い魚介類(コイ,ウナギ,マダイ,フグ,クルマエビなど)を販売する場合に活魚輸送が行われる。…

※「活魚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

活魚の関連キーワードアリアケシラウオ貨車の種類と記号フィッシュポンプ周防瀬戸のハモ大槻 如電チョウザメ産地証明書キジハタ稲取温泉加藤産業水産動物クロソイ日間賀島活劇映画活け締め観賞魚オコゼイワシ魚市場龍ヶ岳

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

活魚の関連情報