コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリグモ Myrmarachne japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリグモ
Myrmarachne japonica

クモ綱クモ目ハエトリグモ科。体長約 7mm。体は黒褐色ないし赤褐色で,全体の形がアリに酷似した擬態をとる。雄はよく発達した上顎をもち,これを加えると全長 1cmほどになる。網を張らず,おもに樹木の葉上を徘徊するが,産卵時には一時的に住居をつくる。本州,四国,九州各地にみられる。 (→ハエトリグモ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アリグモ【Myrmarachne japonica】

ハエトリグモ科のクモ。体長7~10mmで,黒褐色か赤褐色。形態や歩行動作がアリに似ているのでこの名がある。北海道を除く日本各地,台湾,朝鮮半島に分布している。網は張らず,木の葉や草の上を徘徊し,ユスリカなどの小昆虫を捕食する。雄は成熟すると上あごが長大となり前に突き出すが,繁殖期にはこれを雄どうしのディスプレーに使用する。6~7月に雌は葉裏に糸で産室をつくり,15~30個の卵を産む。産室と同様な住居をつくりその中で若虫で越冬する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アリグモ
ありぐも / 蟻蜘蛛
ant mimicking spider
[学]Myrmarachne japonica

節足動物門クモ形綱真正クモ目ハエトリグモ科に属するクモ。体長は長いあごを加えると7~9ミリメートル。体色は黒褐色から赤褐色。一見アリに似て、頭と胸の間は少しくびれており、第1脚が触角にみえ、糸を引いて下りるまでクモと気がつかないほどである。おもに樹木の葉の上を徘徊(はいかい)する。網を張らないが、卵を産むときに一時的に糸で住居兼産室をつくる。アリに似ているので擬態のよい例とされているが、クモ自体にそれが何に役だつのかははっきりわかっていない。日本に広く分布しており、ほかに体の細長いヤサアリグモ、牙(きば)の途中に枝のあるクワガタアリグモなどがいる。[八木沼健夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android