コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリストニコス アリストニコスAristonikos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリストニコス
Aristonikos

[生]?
[没]前128
ペルガモン王。おそらくペルガモンのエウメネス2世の庶子。アッタロス3世死後のペルガモン王国ローマへの遺贈に際し,民衆の蜂起を指導した。動機は民族的,反ローマ的であるとともに下層民,特に奴隷や非ギリシア人を吸引することにあった。彼の構想した太陽国家 Heliopolisは社会革命的プログラムを示唆していた。初めに若干成功を収めたが,有産市民に裏切られ,ローマ軍に捕えられ処刑された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アリストニコス【Aristonikos】

?‐前128
ペルガモン王国最後の王アッタロス3世の異母弟。アッタロスが死去にあたり,遺言によってその領土をローマに譲渡したとき(前133),王位継承と独立を主張して蜂起した。ローマは王国内の親ローマ派=富裕市民と結び,軍隊を派遣して蜂起を鎮圧しようとした。アリストニコスは,富裕市民に不満をもつ隷農や奴隷を〈太陽の市民〉(ヘリオポリテスHēliopolitēs)として解放するとよびかけ,かれらを結集してしばしばローマ軍を破り,全アシア(小アジア)を内乱と戦争にみたす勢いで4年間頑強に戦った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアリストニコスの言及

【アッタロス[3世]】より

…動機は未詳である。だが弟アリストニコスは王位継承を主張,おもに下層民・奴隷から成る同志を集め,ローマと戦ったが敗北し(アリストニコスの反乱),前129年この地にローマの属州アシアが建設された。【田村 孝】。…

※「アリストニコス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アリストニコスの関連キーワードアッタロス[3世]ミトラダテス5世中東史(年表)エウメネスペルガモン