コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隷農 レイノウ

大辞林 第三版の解説

れいのう【隷農】

身分的支配から解放され、賦役を負わず、地代を産物または貨幣で負担した農民。 → 農奴

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の隷農の言及

【農奴制】より

… 第2は,封建社会の内部で領主に対する隷属度が特に強い領民を指す場合で,経済的には封建地代の最も過酷な形態である労働地代(賦役)が,また法的には非自由身分が特徴とされる。このような意味での農奴制は,中世初期の西欧で広く存在した後,中世盛期には生産物・貨幣地代を給付する隷農に取って代わられ,さらに16世紀から19世紀までの東ヨーロッパに再出するとされる(再版農奴制と呼ばれる)。 第3は,ヨーロッパ中世社会で,特定領主との人身的な結びつきから由来する典型的には非自由と表現されるような身分的制約を指す場合。…

※「隷農」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

隷農の関連キーワードビノグラドフ(Sir Paul Gavrilovich Vinogradoff)シュタイン‐ハルデンベルクの改革ポール ビノグラドフジャン ルトコフスキコピーホールダーフリーホールダーアリストニコス地代(ちだい)ヘイロータイビノグラドフモラドールシラクーザフィリピンインチューシュタイン綿織物工業クレタ島織豊政権十月勅令農奴解放

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android