アリ・ババと四十人の盗賊(読み)ありばばとよんじゅうにんのとうぞく(英語表記)‘Alī Bābā ma‘a al-lusŪs al-arba‘īn

  • ‘Al Bb ma‘a al-luss al-arba‘n

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フランスのA・ガランが18世紀初め『千一夜物語』のなかに入れてから世界的に広まった説話。しかし、この説話集のアラビア語原典中にはみえないので、出所は疑問視されていた。1908年ダンカン・マクドナルドがオックスフォード大学の図書館でその原典の写本を発見した。物語の出所はシリアらしいが、トルコ系の要素も混入したらしいという説もある。大筋(すじ)は、実直なアリ・ババが「開け、胡麻(ごま)」という呪文(じゅもん)の力で、40人の盗賊団が宝物を隠した洞窟(どうくつ)に入り、巨富を得る。そのため盗賊たちにねらわれるが、女奴隷の機知と勇気により救われる。呪文のこと以外は現実的な筋の運びになっている。[前嶋信次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android