コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリー・クシチュ Ali Kuşçu

世界大百科事典 第2版の解説

アリー・クシチュ【Ali Kuşçu】

?‐1474
トルコの数学者,天文学者。ティムール朝ウルグ・ベクの鷹匠(クシチュ)であったが,学識を買われてサマルカンドの天文台長を務め,ウルグ・ベクが死ぬとアク・コユンル朝のウズン・ハサンに仕えた。さらに,使節としてイスタンブールに赴き,そこでメフメト2世の懇望をうけてオスマン朝に仕官した。学校を創設して,数学,天文学,論理学を教え,また多数の著述をした。その弟子から優れた学者,技術家,提督が輩出した。【小山 皓一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アリー・クシチュの関連キーワードベルメホイサベル(1世)フィチーノフェルナンド(5世)アリオストイサベル実隆公記デュファイラスカサス萱草

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android