アリー・クシチュ(英語表記)Ali Kuşçu

世界大百科事典 第2版の解説

アリー・クシチュ【Ali Kuşçu】

?‐1474
トルコの数学者,天文学者。ティムール朝ウルグ・ベクの鷹匠(クシチュ)であったが,学識を買われてサマルカンドの天文台長を務め,ウルグ・ベクが死ぬとアク・コユンル朝のウズン・ハサンに仕えた。さらに,使節としてイスタンブールに赴き,そこでメフメト2世の懇望をうけてオスマン朝に仕官した。学校を創設して,数学,天文学,論理学を教え,また多数の著述をした。その弟子から優れた学者,技術家,提督が輩出した。【小山 皓一郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android