コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルカリ性土壌 アルカリせいどじょうalkali soil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルカリ性土壌
アルカリせいどじょう
alkali soil

pH7以上の水素イオン濃度をもつ土壌の総称。可溶性塩基を多く含む乾燥地域の土壌がその典型例で,降水が少いため鉱物中の塩基が流亡せず表層に集積してアルカリ性土壌となる。また,多施肥を行う施設栽培では,土壌に多量の塩基が集積してアルカリ性になることがある。土壌分類上のアルカリ土と厳密には区別される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

岩石学辞典の解説

アルカリ性土壌

アルカリ反応を示し,pHが7.5以上の土壌.このような土壌には炭酸ナトリウムが蓄積されている[Glinka : 1914, Robinson : 1924, Gerasomov & Glazovskaya : 1965].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

アルカリせいどじょう【アルカリ性土壌】

アルカリ性を示す土壌。排水が悪く、植物が生育しにくい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルカリ性土壌
あるかりせいどじょう
alkaline soil

土壌の水素イオン濃度(pH)が中性(7.0)を超えている場合アルカリ性土壌といい、7.0未満の酸性土壌と区別する。温暖多雨地や寒冷地では土層を浸透する水分量が土壌から蒸発する水分量を上回るので、土壌中の塩基類(カルシウム、カリウム、ナトリウムなど)が溶脱されて酸性化するが、透過水より上昇蒸発水のほうが多い乾燥地では塩類土壌やアルカリ土が生じ、それらはpH7.0以上のアルカリ性土壌となっている。草原地方のチェルノゼム、栗色土(くりいろど)なども弱アルカリ性の土壌である。pH7.0~7.5程度のアルカリ性は、オオムギ、コムギ、トマト、キャベツなどの生育に適しているが、pH8.0以上の強アルカリ性土壌の土地にはほとんどの植物が生育できない。[浅海重夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アルカリ性土壌の関連キーワードハロモルフィック土壌ジャーマンアイリスランカオ(蘭考)県デルフィニウムアルカリ土壌アルカリ植物サントリナカスミソウ熱帯農業アジサイヒソップヤシオネ中性土壌酸性植物ムギネ酸乾性土壌そうか病植物ワタ排水

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android