コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルゲージ アルゲージArghezi, Tudor

3件 の用語解説(アルゲージの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルゲージ
アルゲージ
Arghezi, Tudor

[生]1880.5.21. トゥルグジウ
[没]1967.7.14. ブカレスト
ルーマニアの詩人。本名 Ion Teodorescu。初期には象徴派の詩人として活躍したが,一時修道院に入って詩作を断念,のちスイスフランスを放浪して苦難の生活をおくり 1918年に帰国,以後社会主義的な思想と宗教的心情を貫きながら詩作に専念した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルゲージ【Tudor Arghezi】

1880‐1967
ルーマニアの詩人。本名テオドレスクIon N.Theodorescu。11歳で家を出,19歳の時に修道士となり,スイスの神学大学へ派遣されたが還俗し,各地を放浪して1911年に帰国。神への信仰と懐疑にまつわる苦しみを宇宙的イメージで歌った詩を次々と発表,20世紀最大の思想詩人と目されるにいたった。代表作は,《ふさわしい言葉》(1927),《かびの花》(1931),《輪舞》(1939),《人間賛歌》(1956)などの詩集。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルゲージ
あるげーじ
Tudor Arghezi
(1880―1967)

ルーマニアの詩人。青年時代、社会主義の運動に参加し、のち修道院に入ったりした経歴をもつ。その詩は苦渋に満ちた精神的彷徨(ほうこう)の跡を刻み、初期の詩にはフランス象徴派の影響もみられる。第一次世界大戦後の詩には、絶対者への信仰と懐疑の間を揺れ動く苦しみと、社会的不正への憤りが交錯している。『ふさわしい言葉』(1927)、『黴(かび)のはな』(1931)などの詩集のほか、雑誌『鸚鵡(おうむ)の手帖(てちょう)』を発刊して時の政治権力を激しく批判し、第二次世界大戦末期には強制収容所へ送られた。戦後には、人類の反抗の歴史と人間性への希望を歌った詩集『1907年』(1955)、『人間賛歌』(1956)などを発表した。[直野 敦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アルゲージの関連キーワード紙幣整理ブラウンオランダ文学岩崎弥太郎エルメレンスドワルスフォーチュン市川左団次二世勧業博覧会大学野球

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルゲージの関連情報