コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルサロ アルサロ

大辞林 第三版の解説

アルサロ

〔アルバイト-サロンの略〕
アルバイトの主婦・学生などがホステスをしているキャバレーを称した語。昭和20年代後半に流行。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルサロ
あるさろ

アルバイト・サロンの略。客席にはべるのが専門のホステスではなく、アルバイト(内職)のOLや主婦など素人(しろうと)だという触れ込みのキャバレーのたぐい。1950年(昭和25)8月、大阪・千日前に「バーでもキャバレーでもビヤホールでもない」を歌い文句に開店したのが始まり。新鮮さが受け各地に広まり、未亡人のゴケサロ、人妻のYサロなども現れ、1960年代なかばまで盛行。その後の女子大生パブなども同工異曲商法といえる。[森脇逸男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルサロの関連情報