コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルサロ

大辞林 第三版の解説

アルサロ

〔アルバイト-サロンの略〕
アルバイトの主婦・学生などがホステスをしているキャバレーを称した語。昭和20年代後半に流行。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルサロ
あるさろ

アルバイト・サロンの略。客席にはべるのが専門のホステスではなく、アルバイト(内職)のOLや主婦など素人(しろうと)だという触れ込みのキャバレーのたぐい。1950年(昭和25)8月、大阪・千日前に「バーでもキャバレーでもビヤホールでもない」を歌い文句に開店したのが始まり。新鮮さが受け各地に広まり、未亡人のゴケサロ、人妻のYサロなども現れ、1960年代なかばまで盛行。その後の女子大生パブなども同工異曲商法といえる。[森脇逸男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アルサロの関連キーワードArbeit salonKatsuyo高野栄二

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android