アルゼンチン・タンゴ(読み)あるぜんちんたんご

  • Argentine tango 英語
  • tango argentino スペイン語

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルゼンチンおよびウルグアイの作曲家によってつくられたタンゴ。ヨーロッパに伝わって生まれたコンチネンタル・タンゴと区別してこの名称が用いられる。『エル・チョクロ』『カミニート』『ラ・クンパルシータ』などがこれに属する。原地では普通、バンドネオン、ピアノ、バイオリン、コントラバスを主にしたオルケスタ・ティピカorquesta típica(典型的楽団の意)によって歯切れよく演奏される。

[永田文夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアルゼンチン・タンゴの言及

【タンゴ】より

…ほとんどの場合,独特のアクセントを伴う歯切れのよい2拍子系のリズムを持つ。タンゴのうちとくに名高く重要なのはアルゼンチン・タンゴ,すなわちブエノス・アイレスに起こり,ここを本場として発達したタンゴである。 アルゼンチン・タンゴの発生については諸説あるが,その源にはキューバから伝来したハバネラ,それがブエノス・アイレス周辺で変化した形と思われるミロンガ,ヨーロッパから移入されたポルカ,ブエノス・アイレスにも昔は多かった黒人系住民の行列の音楽であるカンドンベcandonbeなどが混在し,それぞれが影響しあったものと思われる。…

※「アルゼンチン・タンゴ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android