コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルテミシア2世 アルテミシアにせいArtemisia II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルテミシア2世
アルテミシアにせい
Artemisia II

[生]?
[没]前350頃
トルコ南東部にあったカリア王国の女王。前 353/2年に兄でもあった夫のマウソロスの死後,その跡を継いで王位についた。夫の着手した霊廟マウソレイオンを完成させたが,これは世界の七不思議の1つとされ,大墳墓建造物の語源となった。また植物学,薬学に造詣深く,植物の属アルテミシア (ヨモギ属) は彼女に由来する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アルテミシア2世の関連キーワードマル優制度オルソクロマチック私立小中の授業料補助慢性の病気をもつ人の妊娠、出産の注意コンスタンスマグネンティウスコンスタンスマグネンチウス寄与度グランド・キャニオン(アメリカ合衆国)

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android