コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルテンブルク Altenburg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルテンブルク
Altenburg

ドイツ東部,チューリンゲン州の都市。ライプチヒの南約 40kmのプライセ川沿いにある。 10世紀にスラブ人の居住地との境界部に発達した交易中心地で,1603~72年,1826~1918年には,ザクセン=アルテンブルク公国の首都。ドイツのトランプ遊び「スカート」の発祥地として知られ,トランプ博物館がある。トランプ製造のほか,ミシン,帽子,ドラム用なめし皮など特色ある工業が発達。 15世紀の教会,16世紀の市庁舎などがある。人口4万 8926 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルテンブルク
あるてんぶるく
Altenburg

ドイツ東部、チューリンゲン州東端にある都市。1949~1990年は旧東ドイツに属した。肥沃(ひよく)なレス(黄土)で覆われたライプツィヒ低地湾入部南部の標高180~225メートルに位置する。人口4万1300(2000)。19世紀なかばの鉄道開通によって褐炭の採掘が始まり、今日、多様な工業が立地している。トランプ製造は1552年以来行われており、世界的に有名である。フリードリヒ・バルバロッサの建てたアウグスチン修道院の塔「赤の尖塔(せんとう)」は市の象徴となっている。[佐々木博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android