アルノルト シェリング(英語表記)Arnold Schering

20世紀西洋人名事典「アルノルト シェリング」の解説

アルノルト シェリング
Arnold Schering


1877.4.2 - 1941.3.7
ドイツの音楽学者。
元・ベルリン大学教授,元・ドイツ音楽学会会長。
ブレスラウ生まれ。
幼年からヴァイオリンに親しみ、1896年ベルリン高等音楽学校に入学し、1898年よりベルリン大学で学ぶ。1900年ミュンヘン大学で聴講し、’02年ライプツィヒ大学で学位を取得した。’07年ライプツィヒ大学で教授資格を取得し、’27年ヘンデル協会会長、’28年ベルリン大学音楽史正教授及びDDTの編集主任に就任した。’33年ドイツ音楽学会会長となる。実証的な音楽史研究とその研究をふまえた作品の分析と解釈特色がある。主著に「オラトリオの歴史」(’11年)、「ベートーベン文芸」(’36年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典「アルノルト シェリング」の解説

アルノルト シェリング

生年月日:1877年4月2日
ドイツの音楽家,音楽美学者
1941年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android