アルバート ホイットフォード(英語表記)Albert Whitford

20世紀西洋人名事典の解説

アルバート ホイットフォード
Albert Whitford


1905 -
米国の天文学者
ウィスコンシン大学教授。
ワシュバーン天文台長を経て、1958年からリック天文台長を務めた。各種の測定装置を考案し、恒星、星雲、銀河の光電測光原子スペクトルの研究分野で指導的地位にある。空間赤化球状星団の特性、銀河の中心核、われわれの銀河系の渦巻腕の輪郭および中心部の永続的ふくらみなどの研究及び発見は有名である。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android