アルバート ナマジラ(英語表記)Albert Namatjira

20世紀西洋人名事典の解説


1902 - 1959
オーストラリア画家
オーストラリア原住民アランダ族出身で、ハーマンズバーグ伝道所に生まれて、牧童となる。1934年水彩画家レックス・バタービーが伝道所に立ち寄った際、弟子入りした。’38年メルボルンで個展を開催、全国で高く評価される。オーストラリア中央部の風景をを多用した水彩画に仕上げる画風は「アランダ派」と呼ばれる。’57年に民族文化を白人の手法で表現したとして、同族の仲間より早く市民権を得たが、これが白人と部族の法の板挟みとなり、仲間に酒を提供したため懲役6カ月を受け、仮出獄間もなく死亡した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android