コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルフェロフ Alferov, Zhores

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルフェロフ
Alferov, Zhores

[生]1930.3.15. 白ロシア=ソビエト社会主義共和国,ビテブスク
ロシアの物理学者。フルネーム Zhores Ivanovich Alfyorov。アルフョロフともいう。1952年レニングラード(→サンクトペテルブルグ)の V.I.ウリアノフ電気技術工科大学(のちのレニングラード電気技術大学)の電子工学部を卒業。1953年から A.F.ヨッフェ物理技術研究所に勤務し,1987年に同研究所所長に就任。この間の 1970年,同研究所で物理学と数学の博士号を取得。1973年レニングラード電気技術大学オプトエレクトロニクス学科長,1988年レニングラード工科大学の物理学部長を兼務。1962年から III-V族半導体(→III-V族化合物半導体)のヘテロ構造の研究を手がけ,とりわけ半導体不純物の研究,半導体レーザー太陽電池,エピタキシャル成長法(→エピタキシャル技術)などの開発は,その後のヘテロ構造の物理学とエレクトロニクスの展開につながった。ハーバート・クレーマーと共同で高速エレクトロニクスおよびオプトエレクトロニクスに利用される半導体へテロ構造を開発したことにより,クレーマー,集積回路の発明へ貢献したジャック・キルビーとともに 2000年のノーベル物理学賞を受賞した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アルフェロフの関連キーワード斎藤寅次郎清水宏五所平之助マキノ雅広小津安二郎エバハートキューカー島津保次郎スタンバーグ成瀬巳喜男

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルフェロフの関連情報