コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルフォンソ1世(戦闘王) アルフォンソいっせい[せんとうおう]Alfonso I, el Batallador

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルフォンソ1世(戦闘王)
アルフォンソいっせい[せんとうおう]
Alfonso I, el Batallador

[生]1073頃
[没]1134.9.8. フラガ
アラゴン=ナバラ王 (在位 1104~34) 。サンチョ5世 (サンチョ・ラミレス) の子。兄ペドロ1世の跡を継いで即位。カスティリア=レオン女王ウラッカと結婚,4つのキリスト教王国は一つにまとまったが,カスティリア=レオンはアラゴン人の王に対して反感をもち紛争が絶えず,聖職者も介入し,中央では内乱がたびたび起っていた。しかしウラッカの死によってカスティリア=レオンの領有を放棄した。その治世の後半は国土回復運動に注がれ,エブロ渓谷での戦いに大勝利を収めてムーア王国の重要な都市サラゴサを攻め落し,これを首都とした (18) 。また南アンダルシア方面にも出征し,多くの移民を新領土に配置した。これらの勝利でアラゴンはイベリア半島における強国となった。またこれらの一連の戦いに,ピレネー北部の諸王国から多くの援助を得たうえ,1116年にはツールーズ伯がアルフォンソの臣下となり,アラゴンの南フランスへの政治的介入の端緒となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アルフォンソ1世(戦闘王)の関連キーワードアルフォンソ7世(皇帝)

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android