アルフレッド シュルツ(英語表記)Alfred Schultz

20世紀西洋人名事典の解説

アルフレッド シュルツ
Alfred Schultz


1899 - 1959
社会学者,哲学者,銀行家
元・ニュー・スクール・フォア・ソーシャル・リサーチ大学院教授。
ウィーン生まれ。
ウィーン大学でハンス・セルゼンらに法律学と社会諸科学を学ぶ。在学時にフッサールの業績に深い関心を抱き、フッサールの死まで交流が続いた。ヒトラーのオーストリア占領に伴い、パリに移住し、1839年米国に亡命した。’43年からニュー・スクール・フォア・ソーシャル・リサーチの大学院で教鞭をとる。国際現象学会の設立に参加し、「哲学と現象学的リサーチ」の編集にも携わった。研究者と銀行家を両立させた。在世時の唯一の著作として「社会的世界の意味構成」(’32年)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android