アルプスあづみの公園(読み)あるぷすあづみのこうえん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルプスあづみの公園
あるぷすあづみのこうえん

長野県安曇野(あずみの)地方、北アルプスの麓(ふもと)にある国営公園。大町市と松川村にまたがる大町・松川地区(計画面積255ヘクタール)と安曇野市にある堀金・穂高地区(ほりがねほたかちく)(計画面積101ヘクタール)の2地区からなる。基本テーマは「自然と文化に抱かれた豊かな自由時間活動の実現」。両地区とも緩やかな傾斜地にあり、ニホンザル、ツキノワグマ、ニホンカモシカをはじめ、多様な動植物が生息する。大町・松川地区は乳川(ちがわ)が形成した標高約700~900メートルの扇状地にあり、北アルプスを背景として環境保全を心がけながら自然を学習、体験する拠点となっている。地区は「林間レクリエーションゾーン」「渓流レクリエーションゾーン」「自然体験ゾーン」「あづみの交流ゾーン」「森の宿泊ゾーン」「センターゾーン」「保全ゾーン」の七つに分かれている。2009年(平成21)にデイキャンプ場、空中回廊など公園の一部が開園した。
 堀金・穂高地区は、烏川(からすがわ)が形成した標高約600~700メートルの扇状地にある田園地帯につくられており、安曇野の自然と文化が体験できる拠点となっている。地区は「田園文化ゾーン」と「創造の里ゾーン」に分かれている。2004年にテーマ展示館、森の庭、段々花畑など公園の一部が開園した。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルプスあづみの公園の関連情報