コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀金 ほりがね

2件 の用語解説(堀金の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堀金
ほりがね

長野県西部,安曇野市南西部の旧村域。松本盆地の西部に位置する。 1955年烏川村と三田村が合体して堀金村が成立。 2005年豊科町,穂高町,三郷村,明科町の4町村と合体し安曇野市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

堀金
ほりがね

長野県中西部、南安曇(みなみあずみ)郡にあった旧村名(堀金村(むら))。現在は安曇野(あづみの)市の中央部を占める。旧堀金村は1955年(昭和30)烏川(からすがわ)、三田(みた)の2村が合併して成立。2005年(平成17)同郡豊科(とよしな)町、穂高(ほたか)町、三郷(みさと)村、東筑摩(ひがしちくま)郡明科(あかしな)町と合併して市制施行、安曇野市となった。旧村域は松本盆地西部、北アルプスの常念(じょうねん)岳東麓(ろく)の烏川扇状地上にあるため、水不足であったが、近世末に開削された拾ヶ堰(じっかぜき)により水田化が進み、さらに昭和になって一面の水田地になった。山麓の扇頂部はモモ、リンゴなどの果樹栽培が盛ん。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

堀金の関連情報