コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安曇野市 あづみの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安曇野〔市〕
あづみの

長野県西部,松本盆地の中央部にある市。西部には燕岳大天井岳常念岳など飛騨山脈の山々がそびえ,安曇野と呼ばれる東部は梓川高瀬川などが犀川に合流して複合扇状地をなす。 2005年豊科町,穂高町,三郷村,堀金村,明科町の3町2村が合体して市制。中心集落の豊科および北部の穂高は江戸時代には千国街道の宿場町として発展。北東部の明科は犀川舟運の起点として繁栄した。安曇野は水田地帯として知られ,米作が盛ん。豊富な湧水を利用したワサビ栽培やニジマスの養殖も行なわれる。 1960年代半ば以降,電機,農機具,通信機などの大工場が相次いで建設され,県内有数の工業地域をなす。中房温泉穂高温泉,有明温泉などの温泉地があり,キャンプ場や別荘など観光施設の整備も進む。松尾寺本堂,曾根原家住宅,碌山美術館 (→荻原守衛 ) 所蔵の北條虎吉像は国指定重要文化財。中房温泉の膠状ケイ酸 (珪酸) およびケイ華 (珪華) は国の天然記念物に指定。市域の一部は中部山岳国立公園に属する。 JR大糸線,篠ノ井線,国道 19号線,143号線,147号線,403号線が通り,長野自動車道のインターチェンジがある。面積 331.78km2。人口 9万5282(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

安曇野市の関連キーワード長峰山森林体験交流センター「天平の森」安曇野パストラルユースホステルアルプス安曇野ほりがねの里安曇野たか橋節郎記念美術館長野県安曇野市明科南陸郷長野県安曇野市豊科南穂高長野県安曇野市明科東川手国営アルプスあづみの公園長野県安曇野市明科中川手長野県安曇野市穂高北穂高長野県安曇野市堀金烏川長野県安曇野市三郷明盛長野県安曇野市堀金三田安曇野ジャンセン美術館長野県安曇野市穂高有明とよしな玉ねぎ元気くん安曇野市豊科近代美術館長野県安曇野市中房温泉安曇野市豊科郷土博物館長野県安曇野市豊科田沢

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安曇野市の関連情報