アルベルト マニェルリ(英語表記)Alberto Magnelli

20世紀西洋人名事典 「アルベルト マニェルリ」の解説

アルベルト マニェルリ
Alberto Magnelli


1888.7.1 - 1971.4.21
イタリア画家
フィレンツェ生まれ。
第二次大戦直後にパリで最も知られた抽象画家の一人。1912年パリに出、その後一旦帰国して’14年再びパリに戻る。キリコ、アボリネール、ピカソ等と知り合うが、絵画独学最初の抽象連作を’15年に発表。’36年以降太い線を基調として独自の幾何学的抽象画を完成させた。代表作大海輪舞パリ国立近代美術館(’37年)等。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典 「アルベルト マニェルリ」の解説

アルベルト マニェルリ

生年月日:1888年7月1日
イタリアの抽象画家
1971年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android