コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルペジョーネ・ソナタ

1件 の用語解説(アルペジョーネ・ソナタの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

アルペジョーネ・ソナタ

オーストリアの作曲家フランツシューベルトのアルペジョーネとピアノのためのソナタ、イ短調作品D821(1824)。原題《Sonate für Arpeggione und Klavier》。発明されたばかりのアルペッジョーネという6弦の弦楽器のために作曲された、現存する唯一の作品として知られる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルペジョーネ・ソナタの関連キーワード野ばら楽興の時スッペ未完成アヴェ・マリア糸を紡ぐグレートヒェン楽に寄すロザムンデシュミット, フランツ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルペジョーネ・ソナタの関連情報