コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルペジョーネ・ソナタ

デジタル大辞泉プラスの解説

アルペジョーネ・ソナタ

オーストリアの作曲家フランツ・シューベルトのアルペジョーネとピアノのためのソナタ、イ短調作品D821(1824)。原題《Sonate für Arpeggione und Klavier》。発明されたばかりのアルペッジョーネという6弦の弦楽器のために作曲された、現存する唯一の作品として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

アルペジョーネ・ソナタの関連キーワードオーフラ ハーノイ

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android