コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルボイン アルボインAlboin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルボイン
Alboin

[生]?
[没]572.6.28. ベロナ
ランゴバルド王 (在位 565~572) 。アバール人と同盟してゲピート王国を全滅させ,その王女ロザムンドを妻とした。即位当時はノリクムパンノニア (現オーストリアと西部ハンガリー) を領土としたが,568年テベレ川までの北・中部イタリアを征服してランゴバルド王国を建設。国の慣習に従い,妻に父ゲピート王の頭蓋骨で酒を飲むことを強いたため,それを恨んだ妻によって暗殺されたという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のアルボインの言及

【髑髏】より

…中国には西域の月氏の王の頭蓋骨で血を飲んだ話(《漢書》匈奴伝)とか,どくろ杯を常用した元の呉元甫の例がある。6世紀後半,ランゴバルド族の王アルボインは,王妃ロザムンデに殺害した彼女の父のどくろ杯を与えた。《今昔物語集》天竺部には,菩薩となった悉達太子(しつたたいし)(釈迦)をおどす天魔の2姉妹が,どくろで作った器を手に持っていたとあるし,《屍鬼二十五話》にもどくろの器で血を飲む婆羅門鬼の話がある。…

※「アルボイン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アルボインの関連キーワード事故米被災地の災害廃棄物魏収法琳アバルア王辰爾蘇我馬子敏達天皇SH-AWD日輪寺