コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法琳 ほうりんFa-lin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法琳
ほうりん
Fa-lin

[生]太建4(572)
[没]貞観14(640)
中国,唐初の僧。武徳年間における道士,傅奕 (ふえき) の排仏論に対して,仏教のために論難弁駁した。儒教道教を学んでのち仏門に入り,『破邪論』によって道教の妖妄であることを指摘して,これを攻撃した。また『弁正論』は皇帝を誹謗するものであると,道士,奏世英によって訴えられ,四川省配流された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほうりん〔ホフリン〕【法琳】

[572~640]中国、唐代の僧。潁川河南省)の人。道教の排仏論に対抗し、仏教の護法に努めた。晩年は道士の讒言(ざんげん)により四川省に配流。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ほうりん【法琳 Fǎ lín】

572‐640
中国,唐初の護法僧。俗姓は陳。排仏論者の傅奕(ふえき)に対抗して論陣をはり,《破邪論》と《弁正論》を著したが,《弁正論》のなかに唐朝の忌諱にふれるところがあったため,長安から蜀に追放される道中で死亡。若くして道士となったことがあり,攻撃の相手の道教の事情にもよく通じていた。両書は《日本国見在書目録》に著録されるのみならず,《弁正論》はつとに空海が利用し,また親鸞も《教行信証》に引証している。【吉川 忠夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

法琳の関連キーワード法輪寺(奈良県)大元帥法法輪寺泰舜貞観覚鏡常暁

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android