コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法琳 ほうりん Fa-lin

3件 の用語解説(法琳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法琳
ほうりん
Fa-lin

[生]太建4(572)
[没]貞観14(640)
中国,唐初の僧。武徳年間における道士,傅奕 (ふえき) の排仏論に対して,仏教のために論難弁駁した。儒教,道教を学んでのち仏門に入り,『破邪論』によって道教の妖妄であることを指摘して,これを攻撃した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほうりん〔ホフリン〕【法琳】

[572~640]中国、唐代の僧。潁川(河南省)の人。道教の排仏論に対抗し、仏教の護法に努めた。晩年は道士の讒言(ざんげん)により四川省に配流。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほうりん【法琳 Fǎ lín】

572‐640
中国,唐初の護法僧。俗姓は陳。排仏論者の傅奕(ふえき)に対抗して論陣をはり,《破邪論》《弁正論》を著したが,《弁正論》のなかに唐朝の忌諱にふれるところがあったため,長安から蜀に追放される道中で死亡。若くして道士となったことがあり,攻撃の相手の道教の事情にもよく通じていた。両書は《日本国見在書目録》に著録されるのみならず,《弁正論》はつとに空海が利用し,また親鸞も《教行信証》に引証している。【吉川 忠夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

法琳の関連キーワード夷夏論玄応護法天童対人論証六科援護法排仏論傅奕護法(中国史)《無神論者の悲劇》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone