コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルボルズ山脈 アルボルズサンミャク

デジタル大辞泉の解説

アルボルズ‐さんみゃく【アルボルズ山脈】

Reshteh-ye Alborz》イラン北部の山脈。カスピ海南岸沿いに東西約1000キロメートルにわたって連なる。最高峰はダマバンド山(標高5670メートル)。北斜面はカスピ海からの湿った空気が入り、降水量が多く耕作地と森林が広がる。首都テヘランがある南斜面は降水量が少ない乾燥地帯になっている。エルブルズ山脈

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルボルズ山脈
あるぼるずさんみゃく
Reshtehye Alborz

イラン北部を東西に走る山脈。エルブルズ山脈Elburz Mountainsと表記されることも多い。延長約1000キロメートル。西部では3000メートル級の山が連なる。最高峰はダマバンド山(5671メートル)。東はパロパミサス山脈からヒンドゥー・クシ山脈に、西はアルメニア高地に続く。北斜面は豊かな降水量に恵まれ(西部では年間1500ミリメートルを超す)、山は森林に覆われており、平野部では米、茶、タバコなどが栽培され、人口も稠密(ちゅうみつ)である。南斜面は300ミリメートル以下の年降水量しか得られず、植生に乏しい。アルボルズの名が初めて文献に現れるのは14世紀のハムドッラ・ムストウフィの地理書『ヌズハトル・クルーブ』である。[岡正孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アルボルズ山脈の関連キーワードエルブルズ[山脈]エルブールズ山脈