アレキサンダー グラズーノフ(英語表記)Aleksandr Konstantinovich Glazunov

20世紀西洋人名事典の解説

アレキサンダー グラズーノフ
Aleksandr Konstantinovich Glazunov


1865.8.10 - 1936.3.21
ソ連(ロシア)の作曲家。
元・ペテルブルグ音楽院院長。
ペテルブルグ生まれ。
出版業の家に生まれ、母はピアニストで、幼少の頃から楽才を示し、10才でピアノを始め、バラキレフに認められてリムスキー・コルサコフの個人指導を受け、16才の時交響曲第一番を2年足らずで完成。1882年の初演の成功で5人組の後継者としての地位を確立、またワイマールでリストの指揮による演奏で国外でも有名になる。ペテルブルグ音楽院教授、1905年からは同院長となり、’22年初の「人民芸術家」の称号を得る。バレエ音楽「ライモンダ」(1898年)、「四季」(1901年)は名高い。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android