コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレッポ地震 アレッポじしんAleppo earthquake of 1138

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレッポ地震
アレッポじしん
Aleppo earthquake of 1138

1138年10月11日,シリアの都市アレッポを襲った地震。記録に残る,最も大きな被害をもたらした地震の一つ。被害は広範囲にわたり,推計で約 23万人が死亡した。シリア北部のこの地域はアラビアプレートとアフリカプレートの境界上に位置し,死海断層帯(→断層)の一部にあたる。1138年10月10日,小規模な地震が発生し一部の住民は周辺の町へ避難した。翌日に本震が襲い,町の外壁が崩落して通りを埋め尽くした。アレッポ城も崩壊し,住民数百人が死亡した。近郊のハリムにはヨーロッパから来た十字軍城塞を築いていたが,この城塞も地震で完全に破壊された。アルアタリブのイスラム教の城塞も崩壊し,いくつかの小都市や有人の砦も瓦礫の山と化した。約 350km南方のダマスカスでも地震のゆれを感じたと伝えられている。この地震以降 1139年までの 2年間に数回にわたる地震が発生し,シリア北部とトルコ西部では壊滅的な被害を受けた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アレッポ地震の関連キーワードサッイダ・アルワースライフ朝リテールパートナーズ胡安国サラディン平重盛中右記藤原成親北条時政シュタウフェン朝

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android